神奈川の社労士事務所

2010/08/29

会社において、就業規則や賃金形態は重要なものです。

実際のところ、就業規則や賃金に関するトラブルは多く、無駄なお金がかかってしまうケースも多いので、その会社にとってベストな就業規則・賃金規定等を最初から作っておくべきです。

 

とはいえ、規則・規定等を作成するのは、知識も必要ですし、手間もかかる為、容易なことではありません。

 

専門の知識を持った、社会保険労務士に依頼することをおすすめします。

 

社会保険労務士は、就業・賃金に関することだけでなく、各種助成金の提案・申請、給与計算、人事トラブル・社内トラブルに対するアドバイスなど、幅広く活躍しています。

 

私の知っている、神奈川県川崎市にある社労士事務所では、これらの労務トラブルに時間外・夜間・休日でも対応しており、助成金に関しても完全成功報酬制を取っています。


部分痩せ楽々ダイエット