リコール対応ならトランスコスモス

リコール対応や製品のリコール、費用や保険、顧客情報漏洩など。緊急事態が発生した際にお客様対応窓口をスピーディに設置し、運営するサービスです。

採用支援ならトランスコスモス

採用支援:知名度アップから内定者フォローまでトータルに。新卒採用コミュニケーションを支援いたします。

免疫療法・がん治療ならミッドランドクリニック

免疫療法・がん治療なら、からだに優しい最先端の「ミッドランドクリニック」。免疫療法で患者様とともに戦います。

  

モンスターカレンダー

« 2009年3月 »
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

産後の最近のブログ記事


産後、ダイエットをしたいっ!と思うママは多いことでしょう。

産後は、体重は戻ったけれども、お腹がポッコリしたまま、体型が元に戻らない、
または、
子供が生まれたら元に戻るであろうと思っていた体重が元に戻らず、
ダイエットをしなければと焦ってしまう人もいると思います。

産後は、慣れない子育てに追われ、
家事もこなさなければならず、睡眠不足にもなりがちで
ダイエットをするのは難しいことですし、
赤ちゃんがいるのですから、
ウォーキングや水泳などの運動をすることはとても難しいことになってきます。

ですが、産後でも出来るダイエット法があります。
それは、今、話題になり、注目を集めている骨盤ダイエットです。

出産後は、骨盤が広がってしまっています。
骨盤の広がり、歪みを矯正することでダイエットができます。

まずは、骨盤を矯正することから始めたいですね。

骨盤を矯正することで、新陳代謝が活発になり、
カロリーが上手く消費できるようになり、ダイエット効果が現れます。

産後のダイエットは焦らないことです。
そして、過食に気をつけ、
栄養バランスの取れた食生活を心がけていきましょう。


産後のダイエットをする際は、
食事制限によるダイエットは避けなければなりません。
ママが健康で毎日赤ちゃんのお世話をするために、
また、可愛い大事な赤ちゃんを元気に育てるためには、
ママが栄養バランスのとれた食生活をすることがとっても大切です。

産後のダイエットでは、きちんと栄養バランスのとれた食事を3食しっかり食べることが必要ですし、
おやつの食べすぎには要注意です。
おやつを食べたいときには、
食事で不足しがちなカルシウム(小魚、牛乳など)や、
ビタミン(フルーツなど)を食事を補う程度に食べると良いですね。

出産で疲れた体に負担をかけてしまうと、
更年期障害も重くなってしまうと聞いたことがあります。
体を出産前の状態に戻すまでには時間がかかります。
ですから、産後のダイエットをする際には、
まず、基礎代謝をUPさせることから始めていきましょう。

基礎代謝をUPさせるには、
産後、緩んでいる骨盤を矯正することが最適です。
サポーターをお腹に巻いたり、
骨盤矯正ベルトなども販売されています。
助産師さんに相談すると、巻き方なども教えてもらえますよ。

また、座る姿勢も気をつけたいですね。
歪んだ姿勢では、基礎代謝をUPさせることはできません。


もともと細い人や、年齢が若い人は
ダイエットなんかしなくっても大丈夫~!
と安心している人が多いようです。

確かに、細い人はダイエットなどしなくって良いのですが、
もともと細い人が出産後など少し太ってしまい、
慌てて食事制限をしてダイエットをしたとしても、
体重は減るけれど、体型が元に戻らないなんていう事態に陥ることもあるんですよ。

体脂肪が増えてしまうと良くないですし、
筋力が落ちてしまうと老化の原因にもなってしまいます。

ダイエットとは太りにくいからだを作る事です。
食事制限をし、摂取カロリーを減らすことで痩せることはできるのですが、
これではリバウンドしてしまいます。

つまり、ダイエットとは新陳代謝を良くすることです。

新陳代謝を良くするためには、
ウォーキングなどの有酸素運動と、
筋トレなどの無酸素運動を日々の生活の中に取り入れていくこと、
また骨盤のゆがみを矯正すること、
血行をよくすることなどがありますね。

産後のダイエットは食事制限は避けたいですね。
運動や骨盤の歪みの矯正をし、
新陳代謝を高めていきましょうね。



産後ダイエットで最も効果のあるダイエット法は、
骨盤の歪み、開きを矯正することです。

産後は、骨盤がゆるんでしまっていますから、
ここを矯正することがダイエットのポイントなんです。

女性は、骨盤が開いたままになっていると、
どうしても内臓が骨盤の中に入り込んでしまい、
下腹部やお尻が大きくなってしまうのだそうです。

ですから、骨盤の緩みを引き締めていくことが必要です。

骨盤の緩みを引き締めるためには、
骨盤矯正ベルトなどがあります。
最近の助産師さんたちは、
骨盤ベルトについても色々勉強しているようです。
産後、ダイエットをしたい人は、
助産師さんに相談すると、
骨盤ベルトを着けるタイミングや着け方などを教えてもらえますよ。

産後は、なるべく出産前の体型にもどしたい!
というのが女性の願いですが、
産後に食事制限ダイエットは避けなければなりません。

骨盤にポイントを置いた骨盤ダイエットで、
出産後の体に負担をかけず、
新陳代謝をUPさせ、
元の体型に戻す方法を行ってみましょう。

慣れない育児で大変ですが、
産後にきちんと骨盤をしめておくことで、
今後の体型が決まってくると言っても過言ではないほど、
骨盤はポイント!です。